攻めの経営で頑張る鹿児島銀行

鹿児島銀行と金融再編

地銀間の競争が激しくなる中、九州の南端、鹿児島にある鹿児島銀行は地銀再編の取り組みを積極的に進めています。具体的な取り組みとしては、他の地方銀行と金融持ち株会社を通じた経営統合を行っています。ちなみに、この経営統合は、一般的な経営統合とは少し違った、大胆な動きでもありました。

鹿児島銀行が行った大胆な経営統合とは、隣県の熊本県にある肥後銀行との経営統合でした。隣県同士、顧客の獲得競争をしていた両地銀が、金融再編の流れに乗り、ライバルともいえる有力地銀と事実上の合併を果たしたことは、金融業界においても大きく注目されたのです。

この経営統合により、鹿児島銀と肥後銀を合わせた資産額は、福岡県の福岡銀行など大手地銀とも肩を並べるようになり、県内でのシェア競争だけではなく、九州全域において他の地銀や都市銀行とも対等に勝負ができる環境になったわけです。現に、福岡銀行などは今回の動きに警戒感を強め、既存の地銀との連携を強化することで、鹿児島銀行の動きに対抗する姿勢を見せています。

このように、各県のトップ地銀同士が合併することは、今後の地域金融のあり方を大きく転換する出来事にもなりました。もちろん、顧客にとっては資産力を持つ銀行からの恩恵は大きく期待できるもので、今後は企業向けの融資や個人向けの貯蓄商品など、今までにないサービスが受けられることは間違いありません。今後も鹿児島銀行の動きから目が離せないでしょう。