あおぞら銀行のエトセトラ

あおぞら銀行を利用した感想

そもそもあおぞら銀行は「日本債権信用銀行」であった銀行が、経営不振に陥った結果オリックスなどで構成される投資家グループによって買収され救済された経緯を持つ銀行です。救済された後は今までの企業主体の取引よりも、個人顧客主体の取引を強化している銀行となっています。

もともとの日本債券信用銀行であった時は、債券を発行し企業などに経営に必要な資金を貸し付けたり、新規事業への必要な資金の融資を主業務としている銀行でした。つまり企業イコール顧客となっていた金融機関だったのです。ですから個人がお金を借りたり預けることができる銀行ではなかったこともあり、なかなか現在でも当時の対応が抜けきっていない状況も聞かれます。口コミサイトでは顧客への説明が不足していたり、接遇面において不満を述べられていることもしばしばです。

ですが、悪い評判が聞こえてくると言っても、接遇のサービス等によることであって、扱っている商品そのものが悪いわけではありません。私の友人も給与口座をあおぞら銀行にしたのですが、新規口座開設キャンペーンを行っていた時期でもあったからか、非常に対応は親切で、むしろ同時期に行われているインターネット支店の商品を奨められ、金利の良さを教えてもらったことで当時としては金利の高い定期預金を利用することができたと喜んでいたりします。

今後も個人顧客向けの商品を多数販売していくのですから、あおぞら銀行で現在気になっている接遇や事前説明の面については、しっかりと改善されていくだろうと期待ができます。