案外知られていない信用組合のいろは

信用組合と銀行の違いとは

信用組合と銀行の大きな違いは、会員制や組合員制の有無が最も大きなポイントです。もちろんそれぞれの金融機関において、設置の根拠となる法律が違うこともあるのですが、会員制や組合員制の有無は、信用組合と銀行の間でかなりの違いと見受けられます。

信用組合と銀行、いずれの金融機関も「資産」をもって運用し、金融機関として利益を生み出しています。資産の運用方法には様々なものがありますが、個人や企業に融資をして、その利息分を利益として儲けるという方法もあれば、金融機関自らが投資などを行って、資産運用益を得る方法も行われています。

そして金融機関が持っている「資産」の裏付けにおいてこそ、信用組合と銀行の最も違う部分になりえます。信用組合は同業者、同産業、同民族、同地域など、さまざまな集団が集まって会員や組合員となり、出資をしたお金が主たる資産となります。銀行の場合は株式売買によって一般個人や企業が株主として資産を傾注することはありますが、組合員や会員といった資産の持ち寄り方は行っていません。会員であるからこそ、会員に特化したサービスを受けられる。それが信用組合のメリットでもあります。

ちなみに、信用組合は会員外でも利用することができます。会員が利用する場合にはローン金利の縮減や定期預金金利の上乗せが行われていることが多いのですが、それらの恩恵がない状態であっても、会員以外の人が金融機関として利用することは可能です。